×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ペネロペクルスとは

ペネロペ(クルス)とはスペインの映画女優です。スペインマドリードにて1974年4月28日生まれる。現在33歳。ペネロペ・クルスは14歳でモデルデビューしTVに出演。その後、ペネロペ・クルスは高校を中退して仕事をしながらマドリード演劇学校で9年間クラシック・バレエやスペイン舞踊を学ぶ。ペネロペ・クルスはNYでも4年間ダンス学校に通っていたそうです。ペネロペ・クルスはテレビタレントして活躍した後、映画に進出しました。ペネロペ・クルスは商人の父と、美容師の母という家庭に生まれ、弟は歌手、妹はダンサー。1992年に『ハモンハモン』で映画デビュー。この作品で妊娠した身で他の男に走る娼婦の娘を熱演し、スペインの映画賞であるゴヤ賞の主演賞候補になりました。ペネロペクルスはスペイン語、英語の他にイタリア語、フランス語に堪能で、女優のサルマ・ハエック、歌手のシャキーラと仲が良いようです。

ペネロペ・クルス出演作品

ペネロペ・クルスの出演作品は1992年『ハモンハモン』でデビュー後、『ベルエポック』、『オープン・ユア・アイズ』とスペインを代表する監督の作品に出演。ペネロペ・クルスは「ライブ・フレッシュ」に続き出演したアルモドバル作品「オール・アバウト・マイ・マザー」をきっかけに一躍ハリウッドでも注目の若手女優となる。ペネロペ・クルスは2000年の『すべての美しい馬』でハリウッド作品に初主演。ペネロペ・クルスはその後、イギリスやアメリカの映画にも出演するようになり、マット・デイモンやニコラス・ケイジ、ジョニー・デップらと共演。ペネロペ・クルスは近年スペインで最も人気のある新進気鋭の女優と成長した。ペネロペ・クルスは私生活で、マザーテレサの修道会でボランティア活動に参加したりと慈善活動にも精力的に参加している。ペネロペ・クルスは2006年『ボルベール〈帰郷〉』でカンヌ国際映画祭女優賞、ヨーロッパ映画賞最優秀女優賞を受賞。ペネロペ・クルスはアカデミー主演女優賞にもノミネートされ、スペイン映画の出演でスペイン人女優がノミネートされたのはペネロペ・クルスが初めての快挙でした。

ペネロペ・クルスの交際歴など

ペネロペクルスは恋多き女で、交際歴は多数。まず1997年から1998年までエンリケ・サラソラという男性と交際。次にペネロペクルスはトーマス・オバメイアーというチェック人と1998年から2000年まで交際。その後、ペネロペクルスは俳優のトム・クルーズと2001年に映画『バニラ・スカイ』の共演で知り合い、交際するも2004年1月に破局。ペネロペクルスは俳優のマシュー・マコノヒーと映画『サハラ』 の共演をきっかけに知り合い、2004年夏から交際するも2006年6月に破局。他にもペネロペクルスは俳優のニコラス・ケイジと映画『コレリ大尉のマンドリン』で共演し、映画の撮影中に交際したといわれています。ペネロペクルスは俳優の『マット・デイモン』と映画『すべての美しい馬』を撮影中に短期間交際していたともいわれています。そしてペネロペクルスは現在、スペインの俳優のハビエル・ハルデムと交際中のようです。ペネロペクルスの美しく輝く魅力が共演した男性を虜にするのでしょう。

Copyright © 2008 ペネロペ、クルスに目がないんです!!